關於部落格
唯恐天下不亂的生田家長男。
  • 52667

    累積人氣

  • 7

    今日人氣

    2

    追蹤人氣

生田斗真映画二作目「シーサイドモーテル」


生田斗真、太宰治作品の次はインチキ化粧品を売りつける詐欺師に

別冊漫画ゴラクで連載された岡田ユキオ原作コミック「MOTEL」が、「シーサイドモーテル」(守屋健太郎監督)として映画化決定、主演にジャニーズJr.の生田斗真が起用されることが明らかになった。

「シーサイドモーテル」は、「シーサイド」と名の付いた山に囲まれているモーテルに、偶然集まってくる一癖も二癖もある男女が、それぞれの事件と、微妙にそして絶妙に交錯しながら、ほんの小さな幸せを見つけようとする群像劇。

メガホンをとるのは学園コメディ「スクールデイズ」(2005年)以来、2度目の長編映画を手掛けることになる守屋健太郎。主演の生田について、「生田さんの過去作品を見たときに、主人公とイメージが合致し、コメディを演じられる若く、勢いのある役者としても、生田さんがピッタリだと思った」と起用した理由を語っている。

来年初春公開の太宰治作品「人間失格」に続いて、本作でも主演を務める生田斗真は、セールスマン亀田を演じる。“口八丁でインチキ化粧品を売りつける”という役柄について、「僕が演じる主人公はインチキクリームを売りさばく詐欺師です。豪華なメンバーと作品を共に出来る事を楽しみながら演じていきたいです。監督からは好きに遊んで下さいと言われました。本気で遊びます」と新境地となる役について気合十分。

 また、三十路前のコールガール・キャンディ役は、「凪の街 桜の国」「ウルトラミラクルラブストーリー」など邦画界に欠かせない女優、麻生久美子が扮する。「生田さんとの会話劇をテンポ良く作り上げられるよう頑張りたいと思います。とにかく出演者の方々が魅力的なので、贅沢な見所満載な映画になると思います」とコメントしている。

本作は8月30日からグアムでロケスタートし、現在撮影中。公開は、2010年全国ロードショー。


生田斗真、映画主演2作目はインチキ・セールスマン役 ~映画『シーサイドモーテル』キャスト発表

 俳優・生田斗真が来年公開予定の映画『シーサイドモーテル』で主演を務めることが9日、わかった。同作は漫画家・岡田ユキオの『MOTEL』が原作で、生田は口八丁でインチキ化粧品を売りつけるセールスマンという軽薄なキャラクターに挑む。ヒロインのコールガール・キャンディ役には女優・麻生久美子が抜擢。監督は数多くのミュージックビデオやCMを手掛け、映画監督としては2作目となる守屋健太郎が務める。

 映画初出演ながら初主演となった『人間失格』(2010年初春公開)から一転、生田の主演2作目は、一軒のモーテルを舞台に繰り広げられる摩訶不思議なラブストーリー。

 「すでに衣装合わせの時には主人公・亀田に成りきっていて、数日前まで太宰治の作品をやっていたとは思えない豹変ぶりでした」と守屋監督が驚いたほど、生田のテンションは高く「豪華なメンバーと作品を共に出来る事を楽しみながら演じていきたいです。監督からは好きに遊んで下さいと言われました。本気で遊びます」と気合十分。一方、生田演じる亀田を翻弄するコールガール役の麻生は、「生田さんとの会話劇をテンポ良く作り上げられるよう頑張りたいと思います」と抱負を語っている。

 山の中にあるのに『シーサイド』という名のモーテルに、偶然集った一癖も二癖もある宿泊客たちに起きるそれぞれの事件が、微妙にそして絶妙に交錯していく一夜をユーモラスに描く同作。すでに8月30日からグアムにてロケが始まっており、守屋監督は「主役の斗真くんを始め、モーテルに集う様々な人々の物語なので、それぞれの出演者がそれぞれの見せ場がある」と話している。


翻譯tomatomo有。
 
 
 
 
 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態